FC2ブログ

『昭和という名のおんなとオトコ』公演終了!

🍂
🍃
あっという間に祭りの時は過ぎて・・・
🍂
『昭和という名のおんなとオトコ』
瀑一人企画プロデュース
KCスタジオ公演
無事終了いたしました。

照明  池田哲朗さん
音響  大西博樹さん
映像  森山雅夫さん
素晴らしいスタッフに支えられて
舞台の上で、役者3名はそれぞれの今を精一杯描こうと、もがきあがき。
演出 瀑さんのギリギリまでのプッシュ、
テンションの高さに
すわ気温上昇かと思うKCスタジオ。
お越しくださいました沢山のお客様、ほんとうにありがとうございました。
🍂
🍃
黒衣の口上で幕が開き(何と座長瀑さん)

其之壱
唯野朴訥の「ひとりのオトコ~イスカリオテのユダ」太宰治〈駆け込み訴え〉より
中原中也登場
からの    
そして其之弐
有希の「時は昭和十一年~阿部定」
阿部定〈事件調書〉より
     
其之参
後藤陽子の「おんなひとり~盲目のおんな旅芸人」民間伝承〈安珍清姫〉より
     
🍃
🍂
日常の、知らぬ間についた枷を
時に力一杯剥がそうと
時に その枷の重さに流され嘆き
なんで芝居なんぞをやってるんやと
たぶん
何度も対峙したであろう三人衆。
🍃
これはブログレポートを書いているわたくし(埴生)の私見だけれども。
2018年、年頭あたりからか
それぞれの課題に取り組み始め
稽古場に足を運んで、ちまちまちまちまと
小石を積むように繰り返す稽古。
小石は、彼らの数十年かの人生の中で、拾いポッケに入れ、あたためてきたもの。
ポッケから取り出す時に、血が出るような、吐きたくなるような嫌悪、そんな時もあったように思う。
時に、こんな石があったのだと、おどろき、湧きあがる感動に震えた瞬間もあったと思う。
稽古場は、
キツい場でもあり、しあわせな場でもある。
🍃
今回、わたくし埴生は
黒衣として舞台の上で、紗幕の引き落としや、衣裳の介錯、篠笛や太鼓の鳴り物、大蛇の体として踊ったりと、舞台袖で、ずっと役者達と空気を共にしていたのだけれど、
こんなに、
こんなに自由になろうと懸命になる彼らは初めてだった。
二十代の頃から知る三人の
うつくしい姿をみた。
みることが出来た、うれしい、うれしい時間
🍃
公演が終わって、
次回の集合日には、きっと次への道を色濃くイメージした彼らに会えると思う。
そう思えるのが、また嬉しい。
🍃
芝居は、
大の大人が寄ってたかって創りあげる
手間暇のかかる作業の繰り返しだけれど、
ひとりでは なし得ない、
集団で描く〈光〉に逢える。
改めて思った今回の公演、です。
🍃
ありがとうございました
🍃
時間を共に過ごしてくださったすべての方に
心より御礼申し上げます

🍃
🍂

演出 瀑さん、この指とーまれ のパワー
圧倒されながら感謝、感謝です。
いつもありがとう!
そして
KCスタジオ 鳴川雅也さん、優しい笑顔で支えてくださりありがとうございました💛
🍃
🍂
以下今後のご案内
↓↓↓↓
🍃
次回、瀑一人企画プロデュース公演
芝居は、
2019年6月28日(金)~30日(日)
1960年代のオフブロードウェイの傑作
ふたり芝居『動物園物語』
作 エドワード・オールビー
演出 瀑 一人
主演   ぺっぺ、瀑 一人
武庫川KCスタジオ
🍂
🍃

 瀑 一人企画プロデュース
ピアノとうたのユニット♬ 文野と埴生 ♬  
🍃
pf 坂下文野/vo 埴生美伽子
🍃
 文野と埴生『京にて候』
2019年2月2日(土)
昼の部 14:00 、夜の部 18:00
《巴里野郎KYOTO》四条河原町徒歩二分 
チャージ 予約 3,000円 /当日 3,500円
🍃
 文野と埴生『花に舞ひ 花に散る』
2019年3月3日(日) 14:00 Start
《STAR LIVE U6》大阪上六スグ
🍃
文野と埴生『五月の風 ピアフとバルバラと』 
2019年4月28日(日)Open16:00/Start16:30 
《巴里野郎KYOTO》 四条河原町徒歩二分
&
2019年5月4日(土)Open13:30/Start14:00 
《STAR LIVE U6》大阪上六スグ
🍃
歌ものがたり 文野と埴生
『裸足のシャンソン~ピアフに魅せられて』
2019年5月19日(日)Open13:30/Start14:00 
共演・シーナきのはら(Vn)
《旧岡田家住宅 酒蔵》(重要文化財)
阪急JR伊丹七分
🍃
文野と埴生『月下美人』 
2019年8月25日(日)Open17:30/Start18:00 
《巴里野郎KYOTO》 四条河原町徒歩二分
 
* * * * * * * * * * 

坂下文野 音楽生活50周年記念コンサート
文野と埴生『あめつち ほしそら』
百億光年のかなた 生まれ出づるひとしずくの音 
長い旅路の果て いま わたしに と ど く
2019年12月25日(水)Open13:30/Start14:00 
《兵庫県立芸術文化センター小ホール》
 阪急西宮北口スグ
🍃
🍂
 
2019年12月25日、歌いたいと願っていた西宮の兵庫県立芸術文化センター小ホールでのコンサートが決定しました!

2月2日からの文野と埴生シリーズ、
毎回テーマを瀑さんからもらって、練って練って創りあげてまいります。
どのライブもおススメしたく!
心よりお待ちしております。
🍃
ご予約、お問い合わせは あとりえSORA    
090-6322-1612
la-da-mei89@ezweb.ne.jp
まで♬
🍃
🍂
🍃

文野と埴生の写真は  photographer花歌 さん



🍃
🍃
スポンサーサイト

公演会場へのご案内

🍃
🍂
劇社瀑組公演
『昭和という名のおんなとオトコ』
いよいよ今週末となりました。
おかげさまでご予約満席、心より感謝申し上げます。
🍃
🍂
🍃
さて会場のKCスタジオ、
神戸三宮駅から徒歩10分ほど、スルスル真っ直ぐにお越しだと簡単に到着出来ますが、
筋を一本間違えると分かりにくく、
改めまして会場までの道筋案内をさせていただきますね。
🍃
JR三ノ宮駅からスタート
🍂
①JR三ノ宮駅の東出口(ポートライナー側)を出て、

左手セブンイレブンのある角を曲がる。

②屋根のある道を真っ直ぐに進み、横断歩道へ。
    
横断歩道を渡り、
miniminiとイオン(EON FOOD STYLE by daiei)の間の道を真っ直ぐ進む。
 
③途中、一ツ目信号 左手にオアシス、右手にボーリングのピンを見ながら、さらに進む。 
左手にセブンイレブン♪
  
④ニッポンレンタカーが左手に見えたらもうすぐです
 ←夜
⑤タバコ屋さん手前の角を左に曲がる。
  
⑥「牡蠣食べ放題」と書かれた下の階段を上がると、
KCスタジオ☆
2階で受付、3階が劇場です。
夜の公演はとくに分かりにくいかと思いますので、お気をつけてお越しくださいませ。
🍃
🍂
🍃
劇団員一同心よりお待ちしております‼️

12月公演に向けて、どんどこどん

⭐️
お久しぶりの劇団ブログです。
さ、サボっていたつもりはないよぅのレポーター埴生、11/4に自分のライブ(文野と埴生『11月の熱砂』@伊丹always)が無事終了してホッ、慌てながら劇団公演に向けて制作作業の本腰をば入れている次第です。←言い訳
⭐️
出演メンバーは、コツコツと前に進んでいて、
お客様ご予約も頂けて有り難く。
フライヤーの反響があって嬉しい❣️
  
デザインは、おなじみ 美✨の森山雅夫氏。
ありがとうございます♬
⭐️
さてその『昭和という名のおんなとオトコ』
稽古場。
先だっては音響の大西博樹さんがお越しで
荒通し。
アラアラ通し。
    
    
ちまちま台本を細かくよんで
せっせとイメージを膨らませても
通すと、抜かりやらアラやら浮かび上がる。
シーン毎の稽古では出来たことが、
流れてしまう。
毎度おなじみ現象です。くっ
これから、
これから如何に己に世界を馴染ませ刷り込んでいくか、の作業。
その公演その公演はそれっきり。
一期一会の、創造の世界。
悔いのないように、、、しよう。
⭐️
埴生は今回黒衣(黒子)でウロウロ。
美しく?影にてサポートいたします~
    
⭐️
7(金)19:30公演  満席
8(土)13:30公演  ほぼ満席(残3席)
8(土)18:00公演  余裕あり
9(日)13:30公演  余裕あり
⭐️
25人劇場につき、ご予約はお早めによろしくお願い致します。
⭐️
お問い合わせ、ご予約は
090-6322-1612(あとりえSORA)
⭐️
⭐️
ご予約お待ちしてまーす🧡☺️
⭐️
⭐️


12月公演に向けてスタート!


久しぶりの稽古場日誌です。

12月公演に向け
色々スタート
諸々スタート
仮チラシが出来て
スタッフさんにも体を空けていただき
台本もアップして
本日9月15日の稽古、それぞれが粗々通し。
     
すっとこどっこいな所もあれば、
おおおおそう来ましたか!もあったり。
通すと自覚の種がいっぱい生まれるのは、嬉しい。

これから・・・
役者3名と演出瀑さんとの取っ組み合いで、いろんな花や実が咲いていく…そんな稽古場。

12月は、きっとすぐやって来ます!


瀑一人企画プロデュース/ 戯作 構成 演出
昭和という名のおんなとオトコ
ひとり芝居狂言三題

其之壱
唯野朴訥『ひとりのオトコ~イスカリオテのユダ』
太宰治「駆け込み訴え」より

其之弐
有 希 『時は昭和十一年~阿部定』
阿部定(事件調書〉より

其之参
後藤陽子『おんなひとり~盲目のおんな旅芸人』
民間伝承「安珍清姫」より


12月7日(金)~9日(日)

場所@三宮KCスタジオ

詳細は〈劇社瀑組〉ホームページ近日アップ!

乞うご期待✨✨✨✨✨



🍀🍀💨💨🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

おまけの埴生美伽子情報デス。
↓↓↓↓↓




9月22日街角シャンソン♬
大好きな空の下で、風のように歌いたい。
心よりお待ちしております!

次回公演日時決定~♬

連日の警報なんて初めて。
雨音雨音、止まない雨音に閉口、というか吐き気をもよおすほどに哀しくもなり。
コワイ、が背中合わせの雨。
自分も怖いけれど、先だっての地震で大変だった友人を思う。
瓦屋根にブルーシート、壁の亀裂、雨漏り、、
大丈夫かなぁ…
ヒトは自然の前に無力だ。
止みそうにない雨。
それでも外へ、稽古場へ。
警報の中、今日は稽古日なのだーー
電車遅延やらストップやらのなか、みんななんとか参上して、汗をかきにアイホールカルチャールームへ。
💚

💚
自由になりたい
自由になりたい為の、束縛をも糧にして
ふふ
大の大人が寄ってたかって・・(by Alain Nouveau 氏)
公演日が決まりました!
12月7日~9日
‼️
12月7日~9日
‼️
12月7日~9日
‼️
妄想をカタチにしたいが為の。
ちょっと深いことしたいから、
自分をぐちゃぐちゃぐちゃっと引っ張り出して。

💚
  

瀑さんのダメ出しも、時に複雑怪奇!とは言わないけれど、うむむむむ・・と唸ってしまうような。
朴訥氏、うむむむむ中…↓↓↓
笑笑
むずかしいっす‼️
すわ紐解き問題、
はたまた哲学の授業⁉️
💚
兎にも角にも
公演に向けて
GO‼️
💚
さあいよいよスタート!の稽古場でした。
💚
💚
←←これはちょうど一年前
『ピンクの憂鬱 ブルーの微笑』公演集合写真
こんどのタイトルはなんだろ~(๑˃̵ᴗ˂̵)
💚
💚
💚
おまけの追伸~
埴生美伽子の歌活動 今後の予定♬
↓↓↓
🌹埴生美伽子ソロライブ『11月の熱砂』
11月4日(日) 18時開演
Live &Bar ALWAYS 伊丹【阪急伊丹駅すぐ】
*********************
🌹たそがれどき街かどシャンソン『風のまにまに』
9月22日(土)16時頃
伊丹三軒寺前広場〈クロスロードカフェ前〉
*********************
🌹サンジャンレギュラー出演日
⭐️7月15日(日)14:00開演
               共演 井関真人さん  ピアノ 坂下文野さん
⭐️9月2日(日)14:00開演
                共演 岩本節子さん ピアノ石田美智代さん
サンジャン(JR摂津本山駅すぐ、阪急岡本駅5分)
💚
💚
はやく晴れますように
💚
ではまた
ごきげんよう
💚
レポートは埴生でした♬
💚
プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR