2月11日@アイホールカルチャールームA

久しぶりのアイホール!
馴染みのカルチャールームA
瀑組が初めてアイホールで公演したのは28年前くらいになります、ね。
大阪の地下劇場シェルターでの『恋文』公演がきっかけで、アイホール自主企画にとりあげて頂いて、『改訂版 恋文』を公演しました。
瀑さんの芝居はアングラと呼ばれてるけど、ある意味エンターテイメントだと私は(埴生)は思っています。なのでタッパのあるアイホールで、演出の中遊ぶ瀑さんはとても魅力的やなと。
雪降らし、引き落としならまだしも色々仕掛けが山ほどあって、舞台監督さん泣かせ?かもだけど、ワクワクするのです!
昔の写真はアナログなのでデータにないけど、
2012年復活公演『櫻の森の満開の下』より
演出面白写真添付ー♪
                 
🌱
🌱
さて2月11日稽古場日誌。
ホーム感があるアイホールで稽古出来るのは楽しいですね。
広いカルチャールームAで思いっきり体を放つ、放とう!
      
カセットデッキを忘れたので備え付けの音響設備で贅沢に大音量で動く‼️
ああ気持ちいい‼️‼️
🌱🌱🌱
🌱🌱
有希さん『お定のモリタート』
    
🌱
陽子さん大進化😳三味線…
  
🌱
埴生は、仕込み中の歌の歌詞を
台詞のように語る、を自分課題で提出。
楽譜ありき、メロディありきでなく
言葉からの出発。
どんな人物がどんな設定、状況で、
誰に向かって何を語るのか。
芝居では当たり前に最初に考えることなのに、
譜面の中から出発した時に、忘れていることが沢山あることに気付かされ、やはり言の葉から!と。
歌詞を縦書きに書くといいよ、と助言を頂いたのだけれど、効果テキメン‼️
こりゃ驚いた。
実はわたくし横書きで歌詞ノートを作っていたので、この違いにどびっくり。
体が?勝手に芝居の台本を読むように、縦書きの言葉のそれは、しみてきたのです。
やはり日本語は、縦書き、ですね。
いいこと教わりました❤️
スポンサーサイト

1月13、20、27日、2月4日@日舞教室


お久しぶりの稽古場日誌です🍀
1月、稽古初めの13日から毎週末稽古している瀑組、4回分のまとめ書き~
年明けて一ヶ月、やはり新年スタート心機一転という区切りから、それぞれ課題がぐいんと前へ進んでいるのだ。
今日は2月頭の稽古だったんだけど、
次の公演は…という声もあがり、今月の稽古っぷりで、どうやら企画が進みそうです。
🌹
今現在の課題たち…
🌹
陽子さん『安珍清姫』→タイトルは何だろう?
 
🌹
有希さん『阿部定調書』より
  
『1945』
 ダメ出し聞くマタハリ
🌹
朴訥氏は、太宰治の『駆け込み訴え』
   
🌹
なびさん自作

🌹
カラダを動かす時も、役柄で動いたりしてます。
写真を撮っているわたくし埴生、近頃ファインダー通す有希さんが色っぽくってじゅるるる
       
陽子さん、官能小説…
  
いやはや、
伸び伸びしてるよなーオレたち、みたいな。
なりふり構わず世界に浸る、いい時間です。
🌹
写真を撮っているわたくしも、動いてますよ♬
この間は1時間近く踊りっぱなし、瀑さんがヤメというまで動き続け、また使用した音楽が鼓童やらの太鼓で、カラダは勝手にリズムを刻むもんだから、次の日の首の痛さったらもう。
こっちに魅せろと言われりゃハリキッて動きまくるわワタクシ、ナントカも木に登って久しぶりに心臓痛くなりますた。
🌹
その埴生美伽子のご報告です。
5月27日、久々のひとり芝居「歌ものがたり」、演ります!
2014年、シアターセブンにて音登夢さんとご一緒した『11月の熱砂』での  歌ものがたり〈アキちゃん〉婆ちゃん再び。
頭の中が、今シャンソンでいっぱいなんだけれど、創るスイッチが入りっぱなしなので、いい感じで台本も読めそうです。
🌹
埴生美伽子の出演予定

🌹
【シャンソニエ ジルベール・ベコー】(梅田)
◯出演日
2月13日(火)、23日(金)
ステージ 19:00 20:45 22:00
チャージ 3,500円(おつまみ付、ドリンク別途)
🌹
【神戸サンジャン】(JR摂津本山駅スグ)
◯出演日
3月24日(土)開演19:30
     共演 藤井レイ子さん P)藤井晴世さん
4月14日(土)開演19:30
     共演 森本理子さん P)釋 恵一さん
チャージ 4,000円(1ドリンク付き)
                25歳以下は2,000円(1ドリンク付き)
🌹
【創徳庵】(梅田徒歩12分)
2月10日(土)開演18:00
   『須山公美子バースデーライブ』に参加
Pf 吉田幸生さん、出演者多数
入場料2,500円+1ドリンクオーダー
🌹
【蒸し料理ひのき】(阪急王子公園駅スグ)
3月18日(日)開演14:00/18:00  2回公演
ひのき舞台企画 埴生美伽子ソロライヴ
『やよい3月 風さそふ』
構成演出 瀑 一人、Key 江崎昭子
入場料2,500円(1ドリンクおつまみ付き)
☆13名様限定・要予約
🌹
【ほっとすてんしょん】(地下鉄谷町6丁目スグ)
5月26日(土) 開演14:00
アジール空堀企画 埴生美伽子ソロライヴ
『五月の風 II』
構成演出 瀑 一人、Pf 江崎昭子  
 詳細は追ってお知らせします♬
🌹
各ライブコンサートのご予約・お問い合わせは、
あとりえSORA まで。
090-6322-1612
la-da-mei89@ezweb.ne.jp
🌹
嬉しいサンジャンのフライヤー💛
🌹
ベコーのピアノの横にいらっしゃるジルベールベコーさんとパチリ❄️
🌹🌹
埴生美伽子ブログときどき発信中~
↓↓↓↓↓
埴生美伽子ブログ『遊びをせんとや』
🌹
まだまだ寒い日が続きます。
ご自愛くださいね
🌹
ごきげんよう
🌹

瀑組新年ことほぎ会@あとりえ

瀑組新年幕開けは、
あとりえにて『新年ことほぎ会』
2018年をお祝いして乾杯!

今年の参加メンバーは うちのメンバー瀑さんなびさん有希陽子埴生、スタッフヌーボさん池田さんハギー、夏共演のジョージ&バーバラ、5月ギャロ埴生リサイタルでお世話になったH氏、M子さん、いつもありがとのAちゃんaiちゃんラーくん15名
🍀
【1985年劇社瀑組がスタートして33年】
山籠り休団期間もあったけれど、長いご縁に不思議な感動を覚える〈年月〉でございます。
関西のスタッフ重鎮、ヌーボさん池田さん揃い踏み!
重量級♪
🍀
音響のAlain Nouveau 氏は、瀑組旗揚げより以前に、瀑さんとヌーボさん所属だった上方小劇場からのお付き合い、その昔稽古場近くの淀川で走ったという昔話やらが飛び出したり、わたくし埴生は遊気舎旗揚げ「ゲゲゲのげ」でヌーボさん作曲の歌を歌った半ズボン少年役の10代の頃を思い出したりと、時の流れが…はあー長い!のだ。
🍀
照明  池田哲朗さんは、瀑組アイホール公演からのお付き合いで、やっぱり30年近くになって。
おふたりともかわらぬ優しい笑顔で、つい埴生は20代の自分に戻ってしまう。
共に呼吸してくださる音と明かりに、何度も胸を震わせた板の上。またご一緒したい!です。
そんな彼らも、他所では最年長であることが多いので すが、今日のことほぎ会のお席に着く時に「年長の方から座りやすい所に座ってねー」の声に、「珍しく僕らはここでは後の方」笑
🍀
さてさて
乾杯して、持ち寄ったものをいただきまーすで
わたくし…痛恨のお料理写真の撮影忘れ…
ナイス有希さんの写真をもらったのですが、横から陽子さん「ラップ残念!」のツッコミ。

ごっつぉーに見えにくい…
🍀
今朝早くね、この会の為に赤穂へ牡蠣をゲットしに行ってくれましたハギー氏!ありがとう!
すんごい量の牡蠣!年頭にて既に今年の牡蠣分を味わえたような。
    牡蠣職人2名
下ごしらえもたいへん、ありがとーございます。
生のまま、焼いたもの、アヒージョ、パスタ、とめくるめく牡蠣!幸せをお分けしたいのに、写真がナイ(~_~;)とほほ
🍀
それからシェフであるジョージから、
フォアグラのソテー

お口の中できゅわわわーん
昨年夏の打ち上げお疲れ様会のブログにも書きましたね。フォアグラなんて庶民の口には以下同文♪
この写真は美伽子さん撮らなきゃ、とテーブルにて声をかけてもらったので、ある…という。
🍀
それからH氏渾身のキムパブ、写真は彼のブログから転載!愛がこもっていて美味しゅうございました。

有希の浅漬けやヌーボさんの煮豚や、ぷるんぷあんのきんぴら、もち玄米鉄火味噌おにぎり、サラダ、シメのカレー、なびさんセレクトのチーズ色々、H氏所縁名古屋パティスリーグラムさんのケーキ、有希高槻ロールケーキ…
ゆったりの長い時間と、たっぷりのアルコールでペロリと楽しくいただきましたー
🍀
【恒例のなんか出し物大会】
ジョージの『サマータイム』アレンジステキ❣️
  
バーバラ『ペイパームーン』カッコいい❣️
🍀
有希の3曲
  
陽子「安珍清姫」
→→→やり直し蝋燭点灯
🍀
時間を味わう
時間を味わう
この日の7時間だけでなく、これまでの時間の長さであったり、過去のあの時間であったり、出会いのあの時間であったり。
なつかしく愛おしい時間を味わう
そしてこれからの時間を思い味わう
そんなことほぎ会でした。

風邪で欠席森山氏、朴訥氏、残念!
遠い国紗季にも牡蠣を食べさせたい笑
🍀
次の日の朝、
昨日の池田さんご持参のワインの瓶を洗ってベランダにコン。曇り空の向こうに、昨日の月の余韻を見てにっこり。つられてウチの猫も瓶にチュッ。

あー楽しかった❣️
しかしビールはやっぱり瓶ビールっすね!
知らなかったんだけど珍しいサッポロ赤星やー、とヌーボさんの弁。へえええ

🍀
🍀
前に進める時間を共有出来るのは贅沢ですね。
🍀
今年の瀑組も、どうぞよろしくお願いします❣️
劇社瀑組一同
🍀

12月24日稽古おさめ@日舞教室

クリスマスソングとは無縁の稽古場です。

12月24日稽古おさめ。
毎度レポートは埴生です。




身内自慢じゃないけれど…
メンバーは今年、かなり進化の手応えを感じたように思う。


瀑さんはうるさい。
とことん言う。
キツイ。
アツイ。
しかし、「瀑さん、もっと稽古してください」
と瀑さんへ要望する。
メンバーもしつこい。
アツイ。
みんな粘着‼️
そして互いの信頼が、
結果になって 形になって を繰り返し
手応えに変幻してゆく。






今年最後の稽古なもんで、あとりえへ移動して
カレー食べて乾杯!
美味しい談義と芝居談義。
振り返りと今後について…


いつもサポートしてくれて
私たちは甘えてばっかりのハギー、
それから
埴生の中川智子宝塚市長出版記念会ミニコンサートやソロライブなどでお世話になったなるさん
お二人が参加で
わいわい

楽しいときを過ごせました。



ハギーったら
みんなへクリスマスプレゼント
カレーのお供にって
サワークリームレーズンとりんごのキャラメル入りのソース❣️



作り方をお聞きしますと、なんって手間ッ(@_@)
手間って名のコク、とでもいいましょうか
深ーい優しいお味でした。
「美伽子さん、高カロリーですよ」の愛の言葉付き
ご馳走さまでした~




そしてもれなくついてくる
「なんか演る」
有希の歌を久々になびさんに聴いてもらい♪



仕事をしながら、
こうして好きなこと
好きなことに妄想を巡らせて

(陽子は今朝布団の上で体が停止状態で妄想世界へ飛んでいたらしい。)

贅沢やなぁ

今年もありがとう

来年もよろしく

と言いながら閉幕。







瀑組ブログを読んでくださって
ありがとうございます。


コツコツとやってます♪
しつこいよっ笑


来年度もどうぞ
よろしくお願いいたしますーーー


劇団一同


12月3日@日舞教室

窓の外、いろんな山鳥の声が聞こえる今日この頃です。宝塚は山がすぐそばなので、町中にもそこここに冬支度の鳥たちがひょっこり。
子どもの頃、スズメハトカラスくらいしか身近にいなかったけれど、ある時期を〈田舎暮らし〉していたわたくし、初めて住む自然豊かな里山には、あちらこちらに初めて見る鳥がたくさん。
新顔の鳥が楽しくて、しょっ中鳥図鑑をにらめっこしておりました。
「テッペンカケタカ」と鳴くのがホトトギス、とは知っていても実際の声や姿を目の当たりにすると、それはそれは嬉しい気持ちになるものです。
メジャーな?ヒヨドリ、ハクセキレイ、ジョウビタキ、、名前と姿と声が一致すると一気に親しみを覚え〈あの子〉呼ばわり、オトモダチ。
鳥だけでなく木や花もそう
「知る」って嬉し楽し、ですね。
🐦
🐤
さてさて瀑組12月最初の稽古日に
ひょっこり珍しいヒト現る。冬鳥のように。
「カラダ動かしに行っていいですか?」の連絡、
2013年『夢きれぎれ』瀑組公演に出演していた有子サン。
彼女の「百万回生きた猫」をモチーフにした作品は、とても印象的でした。
🐤↓↓↓お久しぶりの有子写真

🐦
🐤
本日のBGM、
武満徹作曲のギターソロ曲でほぐしてから
インドのガザル「ナジマ」の歌
パキスタンの『カッワーリー』
民族音楽で動くと、普段しないような動きが勝手に生まれてくるのが面白いですねー

カッワーリー、
勘弁してえ~と言いたくなるテンション必須の曲。
パキスタン・スーフィー歌謡の巨匠ヌスラットさんの超絶な歌に、踊らされ踊らされ踊らされ…
おまけに瀑さんの「上げていく!下げるな!」の声に、脳内うえええええーーと雄叫びをあげ状態。
みなさんよく頑張りました😉




🌲
さて、うちの稽古場に遊びにくると、なにかしらやらされます。
有子サン、12/11のステージに向けて仕込んでいる作品の断片を披露。

おー有子の声だー
なつかしい。
ちょうど12/11公演その日は、
わたくしシャンソニエジルベールベコーでの初!レギュラー出演日ゆえ観にいけないけれど。
おたがいステキな日になりますように💛
🌲
🌲
さて
それぞれの課題、

🐦わたくし埴生からスタート
本日はベコー1日目に歌う予定曲目を無伴奏で歌いました。6曲お披露目~


🐤有希サン『1945年』
進化中~


🐦陽子さん『?』タイトルなんだろう…
安珍清姫をベースに瀑さん台本。



所作についてのあれやこれやダメ出しちう

🐤🐦🐤🐦

毎回各々がそれなりに前に進んでいくので💪
いよいよ次回発表の場に向けて企画進行中です。

来年のライブや公演の企画、考えるのはワクワク❣️
どうぞお楽しみに~


🐦

🐤

🌲おまけ🌲

うちの動くエチュードで使用している30秒40秒テープ。1分間テープもある。色んなジャンルの曲をつなげている20数年前から使っているテープ。
埴生だけでなく、その頃にいたメンバーが作成してくれたものもあるのだけど、そのうちの1人Mさん。
神戸の蒸し料理ひのきさんのひのき舞台イベント参加の折にばったり!「Mちゃんの作ったテープ今でも使ってるよ!」には彼女もビックリ!
そのテープ↓↓↓

うちの貴重なテープ💜お宝です。



プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR