公演パンフレットより

🍀🍀🌿🌿🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀



「一人」

子どもの頃から一人が好き。

一人で本を読むのが好き。

一人でお話しを書くのが好き。

そんな子どもを文部省が放っておくわけもなく、
義務教育で団体行動の訓練。

それはとてつもないハードルで、理由を説明できる大人もいなかった。

理由が分からないままの訓練が続き、いつの間にか最低限、この国の、この時代に適合するだけの能力が身に付いた。

もういい。

十分だ。

遠回りしたけれど、また一人に。

この国は平均値を求め、従うことを求め、はみ出さないことを求め。
そうして逆らわない人間を養っていく。

都合がいい人間を。

私は最低限の適合を維持しつつ、この国のこの時代に一人で生きていく。

一人で本を読み、一人でお話しを書く。

一人で、一人で・・・。
ただ、子どもの頃の一人と違い、今は私の書いたお話しを自分の心の代弁として好んでくれる人がいる。

瀑一人。
自らを「一人」と名乗る人は、きっと一人ではいられない人だろう。

一人が平気な人間の、その理由を探りたいのだろう。

それで私の作品と向き合ってくれるのだろう。

お礼の代わりにそんな言葉を贈ります。

2015年10月12日

                                                             オオタスセリ

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀



ぼくの生まれ育った街は、当時西の釜ヶ崎と呼ばれ、身元明かせぬ人たちが、自然と集まる吹き溜まりの場所だった。

その日の仕事にあぶれた日雇い労務者が、焼酎をぶっかけ、めしを食っていた。

路上で石ころバクチをし、売血(当時は血を売ってお金になった)を食い扶持にしている者もいた。

ホームレスの人も多く、寒い冬の朝凍死していることも珍しくなかった。

ヤクザの出入りも目にした。多くの住人が、持たざる者、低所得者だった。

僕は四人きょうだいの三番目で、他の三人はだれ一人普通高校を卒業していない。
行きたくても行けなかったのだ。

僕だけが大学まで行かせてもらい、そして親不孝にもドロップアウトした。


子どもの頃、好きでもないのに何故か一人でいることが多かった。
一人で本を読むこともなかった、家に一冊の本もなかった。

一人でお話を書く代わりに祖母に連れられ、青線(非合法の売春地域)の真ん中にある芝居小屋でドサ回りやチャンバラ映画をよく観た。

年寄りに囲まれ、いつも可愛がられて居心地が良かった。
同年の子と遊ぶことはあまりなかった。


そして、束縛されることが我慢できない性格になった。
何かに従うこと、強制されることに耐えられない。

気がつくといつも、集団、組織、地域から浮きはみ出ていた。

僕の普通とみんなの普通が違い、僕の常識は世間の常識と掛け離れていった。
ある時、自分がマイノリティーであることをはっきりと自覚した。

これでいい、これでいいんだ、自分のやり方で生きていこうと---------

****************

2015年9月19日未明、

この国に 化け物が出現した。

今回の『スセリとヒトリ』、

僕なりの静かな覚悟でスセリさんの作品と向き合いたいと思います。
本日のご来場、本当にありがとうございます。

2015年10月21日

                                                 瀑 一人 拝

スポンサーサイト

8月22日(土)23日(日)@日舞教室



ひはーひはーひはーひはー・・・
有希の呼吸が響く稽古場です。
(土)(日)続けて踊る踊る踊る。

3分全力疾走?
タイトルは「高橋くん」
スセリさんワールドをテーマに埴生振り付けにて、〈おどるひと〉有希。
スセリさんの台本に出てくるヒト、みんな大好き
みんなみんなイトオシイ。
一途で滑稽で可愛くて情けなくて強くて・・・

可愛いぞ、有希
深く深く潜ってくだされ♪


あっ、10月公演のチラシアップしました。
劇団HP ご覧頂けましたか?

今フライヤー裏を森山さん作成中、
早くお手元にお届けしたいですねー


さてさて。
ミーティングで始まった稽古場。



既に瀑さんの頭のなかには、絵がはっきりくっきり。
今回は2部構成。
オオタスセリさんの世界と
バクヒトリの世界。
タイトルは『スセリとヒトリ』


久し振りのヒトリ台本、
『ラーへゆく』
  
唯野朴訥氏と陽子さんコンビ、昨年12月以来の久し振りの台本にも、ちーっともユルマズなかなかのスタート!
さいさきイイ!


前出有希、「高橋くん」
跳んでる跳んでる跳んでる。
     


陽子さんスセリ台本『善人』
瀑さんダメ出しに陽子百面相。
 
     
  


只今劇団は、三本同時進行です。
瀑組にありえへん(笑)
9月は『スセリ台本劇場』に瀑さんとワタクシ埴生が参加。
10月『スセリとヒトリ』
12月「タイトル未定」瀑ひとりっきりオンステージ。

ノリノリサーファーならぬノリノリ怪獣?瀑さん。ズンガズンガと前に歩いて行くのでついていくのがたいへん。
頭の中、広げて眺めたいわ…

ぱたぱたと雑用が満載。

先日は智津姉さまから12月公演に使用する刀を借りました。
いつもありがとうございます…


その帰りにSEALDs 街宣、梅田ヨドバシカメラへ行きました。
 
内田樹さんがマイクをもった時に声のとおりがわるくて、「先生聞こえなーい!」と側にいた大学生?の元気な声が飛ぶ。
立ち止まる人達を誘導するSEALDs メンバーの顔も明るい。
伝わる伝わる…明確な発信をする声、はっきりとした意思のある声を聞いていて、ワタシ達舞台での発信の在り方を、改めて考えさせられる。

考える。
考えろ。
池田晶子さん思い出した。
悩まない、考える。
うん。


そうそう、
『スセリおひとりさま劇場』
『スセリ台本劇場』
チケット先着順です。
お申し込みはお早めにお願いします( 〃▽〃)



スセリさん、おすすめ!
むっちゃ素敵なたたずまいの女性、芸人さんですよ!!!


ではまた。
埴生美伽子でした~
















5月15日(金)@日舞教室

今日は陽子DAY ~
気温も高く、ビバビバ~♪♪♪


稽古場貸切陽子の抜き稽古(^-^)v
ワタクシ埴生、途中からのぞきに行きました。
温度のたかぁい日舞教室、瀑さんと陽子、どうやらぶっ続けで稽古稽古稽古…

                  

あっつい稽古場。
アツクルシイダメだし(笑)
瀑さんの迫力~な台詞、
ノリだした陽子の高笑い、
途中参加のワタクシテンションに乗り遅れ
ひたすらシャッター、シャッター、パシャ、パシャ。
そんなワタシに「なにやっとんや」とあとから瀑さんに怒られ。…失礼しました(-_-;)

休憩無しの陽子へ、稽古終了間際にラストの総踊りの振り付けを慌ただしく伝達。
お疲れさまでしたーーーー!

宿題たんとお持ち帰りで、次回の陽子が楽しみッス。


 



ぷちお知らせ

9月に神戸の〈イカロスの森〉にて、
『オオタスセリ台本劇場』というイベントに参加します(^-^ゞ

詳細はまた近いうちに…ね













9月11日(木)@宝塚稽古場


朝から歌いました!
『11月の熱砂』
十三シアターセブン公演、
伴奏の江崎さんとレッスン
朝なのに意外に軽やかにでるもんや…(ニヤリ呟き)コウモリ声。
声には睡眠がいちばんですね。

耳コピー得意の江崎昭子サマ、さらさらっとワタクシに合うよう編曲したりと、素晴らしい仕事ぶり!
ふたりで音遊びしながら構成を決めていきます。
かくいうワタクシは抽象的なイメージを話すばっかりで、具体的に音にするのは江崎さん(笑)
見て、美しい手書き楽譜!!↓↓↓



瀑さん別室にて、森山さんとチラシのやり取り。チラシ遅れてます…(ToT)
も、も、もうすぐです!
森山さんアリガトー

『11月の熱砂』、
素敵な音登夢デュオさんとの共同作業、
どんな化学反応が生まれるのか…
ワクワクしますね~

来週は初合同稽古なのだッ


今日のレポート写真無し
頭の中が音符パーティの埴生でした


8月31日シアターカフェNyan 稽古


先日は可愛い可愛い(笑)紗季の壮行会、
「カイサ行ってら会」劇団メンバー一同楽しく過ごしました~
あっしまった、
シェフハギーのお料理を撮しそびれたー
それはそれは美味しいきらびやかなテーブル上の見事な腕前の数々...
ご馳走さまでした
写真はみんなからの包み紙を開く紗季


ふふふ、大きくなぁーれ


さて本日は台風で流れた稽古、再開!
久し振りのシアターカフェNyan

キャスティングも決まったよ。
12月の瀑組「ピンクとブルー」公演


有希は阿部定調書!!

特別席の照明付き


ワタクシ埴生美伽子、自分の公演はこっそり?ピアノの江崎昭子サマとぐいぐい前に進めております!
前に進むって気持ちいい!!
「11月の熱砂」十三シアターセブン
おたのしみにーーーー!!!

プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR