10月25日(土)@日舞教室


久し振りの宝塚文化創造館日舞教室でのお稽古です



『ラーヘゆく』は、
瀑組の芝居の中ではちょっと毛色の違う作品です。
瀑さん作、ですが。
「男」とか「女」とか性別がない作品は初めてかな…
瀑さん曰く「おんなじ」

ニンゲン、です。
イノチ、です。



今回はね……笑ってて、きゅん…



…唯野朴訥氏がねぇ、只者じゃないんですよ。彼の芝居のしぐちが、取り組みが、なんというか…どう表現したらいいんだろう、とにかく考えさせられる。
真摯に、なりたくなっちゃう。う~む。



瀑さんパワフルダメだし中。



江崎昭子さん来来
江崎さんご登場の理由はね、
じつは「ラーヘゆく」稽古の前に、
埴生の『歌ものがたり』を初めて劇団メンバーの前で通したのだ~!
ワタクシ埴生、脳内アワアワながらも
なんとか通せたので一歩前進
スタッフの方々にみて頂く日までにビヨーンと飛躍する所存でござりまする
えい、えい、おーー

みなさま、11月公演のご来場、心よりお待ちしております
埴生美伽子でした。


スポンサーサイト

10月10日(金)@シアターセブン

本日シアターセブンにて『11月の熱砂』公演、音登夢さんと稽古です(’-’*)♪

この間の初稽古で曲の構成やキーをペペッと打ち合わせ、話が早くてすんごいなあ~と前回レポートして☆
先日音登夢政雄さんからその打ち合わせをカタチにした楽譜が送信されてきまして、それを叩き台に練習♪
うぅーん楽しい(°▽°)

チェロの政雄さんに・・・
ワタクシ埴生の歌ものがたりでギター弾いて戴いちゃうんデス
はっ!ネタバレ?だめ?
いやはや贅沢三昧な気持ちで歌わせていただいて、しあわせや…

ヴァイオリン直子さんカッチョいいです。


演出瀑さんの話
音楽と演劇のコラボレーション☆ですからね、芝居仕立ての演奏、奏でるような演劇、互いの刺激でワクワク。
瀑さん、は刺激強いです(笑)
食あたりならぬ瀑アタリに注意(笑(笑)


稽古後に1杯
1杯のつもりが、あらあらあら~
面白バナシ満載、、、ナイショ

ガーラガーラと大荷物、チェロ、ギター、キーボード、
そして笑顔の江崎さん
お疲れさまでした!

夜中の十三、明るいわ・・・
久々ようけ呑んじゃった埴生でした~ははっ

10月12日(日)@宝塚稽古場

『ラーへゆく』稽古日です。
今日は芝居の中のBGM、名曲で

踊ってます!


はっちゃけてます!
・・・・この笑顔


踊る踊る、ココロも踊る。


ひやっほーい

今日は振り付け、芝居の流れの中どんなハートで踊るのか。あぁだこぅだ。
楽しい作業です。
三人にしか踊れない三人のダンス

『ラーへゆく』稽古後、
有希の『阿部定調書』

空気一変

台風が近づく中、休憩もほとんどせず皆さんお疲れさまでした!
気を付けてお帰りやす~
レポーター埴生でした。



プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR