11月25日(火)@シアターセブン


最後の通し稽古です!!!
いかに楽しめるか、の確認…でありたい、
しかーし、ワタクシ埴生、
ポロポロと忘れモノを確認…

確認作業というのは、
オモシロイのかオソロシイのかっ!
まぁ紙一重の中、頭が澄んでいく。
チェック機能が作動良好~。
ええ感じ♪

「日常もこれくらい作動すれば
人生変わるよ埴生さん
……と天の声?



今日はね、
音響のAlain Nouveau さんが来来。
現場で聴くヌーボさんの声、嬉しいよぅ




森山さんが映像を流してくれて。

職人なまなざし。
「ラーへゆく」の役者姿とは別人!





MC 中の直子さん。
いつもの音登夢コンサートとは違う語り。
音登夢ファン、たぶんびっくり。

優しい瞳で見守る政雄さん。



いよいよ公演直前です!
みなさま、シアターセブンにてお会いしましょうーーーーー










スポンサーサイト

公演の開場時間は…

いよいよ今週末が公演です!
『11月の熱砂』
アツい、です!!!
アツくなりに?ぜひお越しください


お知らせ

開場は、開演20分前
受付開始は、開演30分前です。

受付にてご来場順に入場整理番号札をお渡しします。

みなさま、心よりお待ちしております

『11月の熱砂』公演会場へのご案内


阪急十三駅からのご案内です。
駅西改札口を出ると商店街。
とことこ歩いて176号線。



広い広い横断歩道です。
前方にミスタードーナツ。
左側に視線をやると



吉野家発見!



吉野家隣のサカエマチ商店街に入って



前方左手にボーリングのピン!
ピンを目指してとことこ。
ピンのあるビルが、シアターセブンのあるサンポードシティ。
ビル左側にエレベーター、5階がシアターセブン公演会場です。

  

ちなみにね
ご来場の際、お食事やお茶を…とご予定の方にオススメ、
サンポードシティビル手前、隣の隣、
《ココット》さん


埴生昨日の稽古前にもいただきました。


食材、調味料にこだわって。
またソースやドレッシング、お出汁、
いちいち、いちいち、美味しいのよ!
作り手の愛情を感じます。 
ぜひ!
 
・・・あっ日曜はお休みだ…(^_^;)))
日曜のお客さまごめんなさい。




十三アートフェス2014に参加のこの公演。
公演パンフレットの中にもお薦め店舗ガイドが載ってます!
十三、元気だね~
『11月の熱砂』観劇に十三へGOーーー









11月18日(火)@シアターセブン

いよいよ佳境の通し稽古と相成りました。
シアターセブンにて、
衣装をつけて、出入りやMC 、
森山さん映像入りの、
本番仕様の流れ。


演出 瀑さん
いつも目がキラリン

燃えるようなタンゴ幕開け

写真、ピントがぼややんですが
音登夢さんの音色は鋭いです!




女神伝説・・・


ブログみた方に特典(笑)?
「歌ものがたり」のアキちゃん!
初公開。

誰これナニこれ☆
埴生です~




照明の池田哲朗さんが客席で発光。
ま、眩しい。(埴生目線)

ここへきて、瀑さんからのダメだし、
流れの中でこの曲は足りない、と。
納得の出演者。
真っ直ぐに心を届けていくと、小手先の匂いが少しでもあると気持ちがワルい。

ああだこうだとディスカッション。

大切なものがなにか、を互いにわかりあっている上での作業は話が早いし清々しいのだ。

次回がラスト通し!


シアターセブンにて「十三アートフェス2014」のパンフレット発見


稽古後時間限定で喉を潤し。
政雄さんの美味しいものアンテナ作動、
ラッキー!
お疲れさまでした~

皆さま、今月末です!
もうすぐです!
お待ちしておりまーす

埴生でした









11月17日(月)@日舞教室


本日埴生、宝塚文化創造館にてヌキ稽古!
連日稽古で活性化中~

まずは鏡の前にて振り付けチェック。
♪「曼珠沙華」
この曲、サロメ祭で唯野朴訥氏が使用、この日舞教室この部屋で。
ふふ目に浮かぶ。

百恵ちゃんの名曲、大切に歌わねば!


そして「歌ものがたり」通し。
昨日頭の中で指差し確認したカード、カード、カードカード、、、
カードを一枚一枚丁寧に。
愛しいカードたち
瀑さんからのダメだしも快晴!
公演11日前!
よい感じで歩けとる…

はた、歩けとる…の喋り、〈とる〉は懐かしい紗季喋りではないか、と。
紗季~、海の向こうで元気にしとるかい?
おーいカイサ、笑とるか~い

閑話休題。

衣装、遅れてます!
今からチクチクします、苦手、なんだけど。

明日はシアターセブンにて通しです
照明の池田哲朗さんおこし。
嬉しいやらこわいやら、気合い入りすぎて滑らぬよう(自意識過剰)、
指差し確認指差し確認。
あと何回通し出来るかな!
楽しい時間、しあわせな時間、、、
噛みしめるよッ(’-’*)♪

皆さまぜひ観にいらしてくださいね!

埴生美伽子





11月14日(金)、16日(日)@アイホール

「11月の熱砂」
アイホールにて稽古です!!
14日(金)は、照明池田哲朗さん
音響Alain Nouveau さん揃い踏み!
お二人が並ぶ姿に後光が(埴生目線)。
有りがたや。有りがたや。
そして…オソロしや?
んも~むっちゃ意識しちゃう稽古です。

ああ~写真撮れば良かった…

熱砂、通し、ました。
アイホールにヴァイオリンとチェロの音色が響く響く。

その中埴生大失態、がぼん
稽古場の鏡のカーテン閉めそびれ、
オノガスガタニうっとり、いや嘘、脳内チェック機能が作動してしまい、、、
散々(T^T)
くやちーッ!!
見てらっしゃいヒロミ!!


・・・稽古終わって、クロスロードさんでお疲れさま~
面白会話が飛び交い、キョーレツな個性の面々、は、激しすぎる…(笑)
アツい、あつくるしい?楽しい時間
前に進む為のカードをいっぱいゲットして解散
・・・・呑みすぎ注意。

  

一日置いて今日もアイホール。

衣装合わせから始まりました。
演劇仕様の布使いに、
クラシック畑の直子さん曰く
「お笑い…じゃないよね?」

皆さま本番の直子さんの艶姿をお楽しみにねッ

そして稽古、
政雄さんの「宵待草」の編曲手直しから始まり、どんどん世界が明確になってゆく。
表現って覚醒が明瞭であればあるほど、ブレない。

アイホール稽古終わってそのまま移動、宝塚文化創造館にてヌキ稽古!

ヌーボさんの用意してくださった音。
音が芝居を引き寄せるのか、
はたまた不思議な化学反応のように融合するのか、あつらえたかのように、
ぱちん、とあっちゃいました!

ヌーボさんに報告すると、曰く
「うん、そういうことって、あるんだわ!」
………う~む奥深い。

よしよし、よし、よし、と方向確認して明日も稽古!!!
見てらっしゃいヒロミ!(まだ言ってる)

埴生美伽子でした。

写真がないから衣装を一枚パチリ

グリーン。
グリーンと言えば沖縄の海やね










11月11日(火)@宝塚稽古場

『ラーへゆく』の衣装製作日でした。
陽子さん江崎さんは工作をするように、ちゃっちゃかちゃーと。
布をはかりもせずジャックジャックと切り、大胆に【布マジック】
気持ちよさそう?な二人。
江崎さんはピアニストやけど、劇団内ではいろんな仕事をしてくださいまする。
そのうち公演チラシに
「音楽◇江崎昭子」だけじゃなく
「衣装◇江崎昭子」とか
「制作◇江崎昭子」とか
「おかん◇江崎昭子」とか
載るんじゃなかろうか・・・・


あ、そうそう
ワタクシ歌いたい歌、選曲アンテナをはっているんだけどね、

沢田研二新曲、直球歌詞
「昔海辺の小さな寂れかけた村に
 東電が来て 原発速く作りたいと…」
の記事発見

ジュリー、コンサート会場でも署名してたらしいし、スゴい吹っ切れっぷりに
👏拍手喝采だわ!!!

さっ稽古稽古


埴生の呟き…デシタ




11月9日(日)@アイホール2Fカルチャールーム

瀑組「ピンクとブルー」
『ラーへゆく』の稽古日です



定番の動きが決まってゆく、、、、



決まりごとが増えると、余分な力が抜けて、演じる側もみる側も楽になり、、、
楽しくなってまいりました
おっ、いみじくも
楽になり、楽しく、、楽楽揃い



楽になるには精進精進ッ



ああ~自分にかえってくるわ…
精進精進。はい。



『ラーへゆく』の台本も
『歌ものがたり』の台本も
底に流れるテーマは同じなの。



生き生きと生きる!
おっ生き生き、生きる、、、生生揃い

互いの稽古場が刺激になり、
稽古の時間がいい時間!
明日につなげます。
『ラーへゆく』はあと1ヶ月とちょい。
『11月の熱砂』は18日前!
つなげつなげてピカピカにな~あれっ

レポートは埴生美伽子でした




11月6日(木)&7日(金)@シアターセブン


『11月の熱砂』2日続けてシアターセブンでの稽古です
(木)は、第1部のライブ、第2部の一人芝居&ライブすべて通しました、初!!
なんといっても音響のAlain Nouveau さんが来来、それも現場でッ
盛り上がらないはずがありません。
浮き足立つ、の紙一重(笑)

しかーし、この『11月の熱砂』
稽古がとても楽しい!(瀑談)
…はっ瀑談、バクダン…似合いすぎるわ。

音楽のもつ力を改めて感じます。

直子さんの音に風景が見える。


音登夢さんの音に空間の色が変化する。

    

ああ~稽古写真をちっとも撮れず、
帰りの電車の中「お疲れさまでした!」のNouveau さんパチリ
なんだか役者さんの風情、味が…
迫力の存在感、かっこいい

埴生18歳の頃にNouveau 氏と出合い、
Nouveau 氏作曲をギター伴奏で歌ったのがついこの間のよう…、
って大昔か?!

ヌーボさーんありがとうございました!

    

そして次の日、(金)。
昨日の通しのダメだしから始まり、
細かな曲づくり。

休憩タイムのあと、
埴生「歌ものがたり」を通しました。
今日のお客さまは木村直子さんと同名、木村尚子さん。
ウケる直子さん。

埴生、直子さんにキョーレツなダメだしをいただき(T^T)
燃えくっ………


帰り道遅いランチ。

シアターセブンさんから隣の隣、
ココットさんは美味しいのでオススメ!
お昼公演の観劇前後にぜひ
詳細情報は後日また。


夢に出てきそうな直子さん言葉をしっかりと噛みしめ、更に前進する所存でござる。  
          埴生美伽子

10月31日(金)@シアターセブン

レポート遅くなりました(汗
本日のレポートは森山です。
先日やっとまともなカメラ(一眼レフ)をゲットしたので、熱砂の練習で撮影テストしてみました。フラッシュを使わないようにしたので、全体的に暗くてプレた写真ばかりになってしまった。なんとかパソコンで調整して見られるようにしました。

P1000025.jpg

P1000047.jpg

P1000054.jpg

途中でどやどやとお客さんが入場!?。プロデューサーの柗田さんが声をかけたみたいで、シアターセブン関係の会員さん(?)を動員して公開練習となりました。一曲終わるごとに拍手喝采ですごい盛り上がり。お客さんがいるとテンションが上がって、演奏も歌もさらにヒートアップしました。

P1000058.jpg

P1000084.jpg

P1000088.jpg

P1000061.jpg

P1000105.jpg

いよいよ残り一ヶ月を切りました。

P1000118.jpg

P1000147.jpg

P1000134.jpg

P1000161.jpg

P1000163.jpg

打合せも和気あいあいとビシバシと決まり、すべてが順調に進んでいます。
とても素敵なステージになること間違いなし。

プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR