5月22日(土)@アイホールカルチャールーム2F

アイホールにて稽古です!
瀑組稽古場イベント
『妄想セレナーデ』の発表場所…
椅子を並べて稽古してみると、有希サンご友人観客をはたとイメージしてハラホロヒレハロ(笑)

唯野朴訥氏
「動物園物語」
      

妄想バージョンの動物園物語。
瀑さんダメ出しがキビチー

ワタクシ埴生は「ばたさん細かく色々考えてきたなぁ…」と思っていたのだけど。
「創るモードがツーランクアップしたから!」と瀑さんの弁。
稽古の課題発表としたらOKでも、瀑一人構成演出と冠がつくとまだまだまだまだ合格ラインに届きませぬ。
進化するばたさん、楽しみでーす



哀愁漂う背中、森山雅夫氏。
寺山修司「毛皮のマリー」より
    

ダメ出し瀑さん。
ふたりがぷりぷりアヒル口のぶりッ子ちゃん(死語?)対決・・・・
こわかわ


有希ふたたび。
『阿部定調書』~宮本研より万の台詞

   

ピンクの襦袢がお似合い。
自前襦袢、よもやこんな台詞でこんな場面で着られるとは…襦袢も思いもよらなかったであろう(笑)
エエとこじょんの品良い襦袢がどれだけ淫らに見えますか…乞うご期待♪


次回稽古にて通し
テンション高い瀑さんに負けじと、
みんなァ体当たりしてよ!!!
ドカンドカンドカンッ


チラシにはないけど…
ワタクシ埴生美伽子も妄想乱入いたします!!
妄想歌、妄想の踊り、妄想妄想妄想をどんだけ執着出来ますか(笑)
自分でビックリしたいデス!
妄想力ッッッ




観劇メモ

あ、ブログ書いている今日、
ウイングフィールドにて燐光群『屋根裏』観てきました。
誠実な芝居、真摯な集団でまた観たいと切に思いました。
引きこもりが描かれているんだけど、坂手さんのしつこさは納得、です。
閉所苦手な自分にはキツいシチュエーションだったけど、小さな額ぶちからはみ出す俳優陣のエネルギーに、2時間15分、楽し?かったーーー


・・・中山マリさんのウメさん…思いだし笑いを何度もしてしまう(笑)
エエわあ…



スポンサーサイト

5月15日(金)@日舞教室

今日は陽子DAY ~
気温も高く、ビバビバ~♪♪♪


稽古場貸切陽子の抜き稽古(^-^)v
ワタクシ埴生、途中からのぞきに行きました。
温度のたかぁい日舞教室、瀑さんと陽子、どうやらぶっ続けで稽古稽古稽古…

                  

あっつい稽古場。
アツクルシイダメだし(笑)
瀑さんの迫力~な台詞、
ノリだした陽子の高笑い、
途中参加のワタクシテンションに乗り遅れ
ひたすらシャッター、シャッター、パシャ、パシャ。
そんなワタシに「なにやっとんや」とあとから瀑さんに怒られ。…失礼しました(-_-;)

休憩無しの陽子へ、稽古終了間際にラストの総踊りの振り付けを慌ただしく伝達。
お疲れさまでしたーーーー!

宿題たんとお持ち帰りで、次回の陽子が楽しみッス。


 



ぷちお知らせ

9月に神戸の〈イカロスの森〉にて、
『オオタスセリ台本劇場』というイベントに参加します(^-^ゞ

詳細はまた近いうちに…ね













5月9日(土)@日舞教室

みなさまこんにちは(^-^)v
埴生でございます

劇団HP に『妄想セレナーデ』のチラシアップ、ご覧頂けましたか?
サイズも不思議な森山さんデザイン、今回の中身?にぴったり…に思えてくるからまた不思議(笑)
チラシ、に刺激され瀑さん創作モードのギアが変わっちゃって、台本叩き直し、それぞれの課題台本が『妄想セレナーデ』バージョンに

は・は・は・はっきし言って、
かなり!オモシロクなりますッ
乞うご期待!!!!(言っちゃった…)


唯野朴訥氏『動物園物語』
オールビーの戯曲そのままを最終発表。

       

ジェリーの長台詞を最後まで初めて聞きました。
ばたさんがこの台本が演りたいと言ったのが、解りました!




有希、阿部定調書から万の台詞。

 
が、雑念?混じりでやり直し。
あとでもっかい。


森山さん寺山修司


変身したい男
     

寺山修司が
「演劇はいわば政治を通さぬ革命であり、他人に取りつき、それを腐食し(或いは増殖し)変容にもちこむことである」
とな。
革命のか、腐食のふ、増殖のぞ、変容のへ、ちょぴっとでも接触できたらなあ…


朴訥氏、次は妄想セレナーデバージョンの設定を背負って。

     

が・ぜ・ん、面白い!!!
引き込まれた…
ばたさんが面白い時は、彼独特の狂気を
感じます。


今回のタイトルの、〈妄想〉
「妄想ってその人の本質が出てくるな」
と瀑さん。
なるほど・・・・




有希再登板。
    
有希の設定も妄想バージョンに。


瀑さんがスイッチ入ると空気の流れる速度が速くなる…(-_-;)
てなわけで稽古日程も追加~
イコール芝居が良くなる! はず


うふふ
みなさま
乞うご期待!!
        (また言っちゃった…)













5月2日(土)@日舞教室

爽やかな空、よもや放射能が混ざっているとは露知らず、鳥が軽やかに舞っています。
ゆでガエルにならぬように、なんとか見えない目、なりに見ようとしたいお年頃の埴生です。

ああぅちッ、〈お年頃〉やわぁ~…と思うことが増えましたねっ。
変化!している自分を自覚するにあたり、諸々痛感(*_*;するんだけど…快感♪(^-^)vに変換したい所存ですね。
…って何言ってんだか(笑)


はい。
宝塚文化創造館日舞教室稽古!
まずは「オオタスセリ」台本シリーズ
四人が発表しました。

有希「遠隔操作」
陽子「善人」
埴生「マチルダ」
瀑 「別れの理由」

やはり新鮮な情報としましては、驚きの瀑さんの女優っぷりでしょう!

あああああーーー
埴生痛恨のシッパイシッパイシッパイーーーーー
写真がありません…
ビジュアル最高な瀑さんの女優姿、
何故に何故に何故にィィィィーーー
エコーかかりまくり

しばらくはスセリ台本お休みだから、
残念ながら、みなさまいつかのお楽しみに…
ショボン


さてさて、
近づいてまいりました、発表会。
ジャカジャン

タイトルは『妄想セレナーデ』
6月6日(土)16時開演

今それぞれが課題にしている作品集を、稽古場にて発表します。
詳細は劇団HP に近日アップします。
森山さんがチラシを作成してくれてますのでお楽しみに~

その中身。

まずは森山さん寺山修司
      
只今仮衣装ですので本番実物は100倍も綺麗よ

陽子「白雪姫」
 

有希の「阿部定」
  


今ブログ書いているこの連休に、
『妄想セレナーデ』のラストフィナーレ曲(曲は内緒)の振付叩き台を作り、
次回稽古にみんなで仕上げたいと思います!
力入ります!体動かすの大好き~!


最近ね、ダンス公演を立て続けに観て。
当り続きなの。ホクホク

アイホールでCo. 山田うん『七つの大罪』『春の祭典』で山田うんさんの妖気に一目惚れ。
乾ききったゴッツイ瘡蓋から血柱が噴き上げそうな風情。
相方、川合ロンさんも素敵だったの。

で、京都春秋座にて笠井叡さんの『今夜は荒れ模様』で初!黒田育世さん!!
瀑さんが良かったで~と以前から名前は…しかしビックラインパクト
生命力が凄くて天晴れなエネルギー!
もっと観たい・・・黒田さん

&白河直子さん。「存在自体奇跡」と笠井さんが冠つけていたけれど、ぴったり。
その白河直子さんを後日西宮芸術文化センターのエントランスにて。
2日間の初日、『瀕死の白鳥』の白河さんは本当に素晴らしくて!
死が傍らにあり、かつ共存しているような強さ儚さ、幽玄でいて生々しく…
感動しちゃった贅沢をお裾分けしたくて夜中に劇団メンバーに推薦メール(笑)
で2日目もかぶり付き。
有希森山さんばたさん夕峰さんティシューダンスのりえさん藍樹さん、そして2日連続瀑さん。
みんなでヨカッターーーとお得ホクホク。

昨日は神戸Art Theater dB Kobe で池田扶美代さん×山田うんさんの『amness』を。
期待して行ったので…ううーん、ワタクシは消化不良でしたが。

しかしながらカラダの語る可能性を目の当たりにすることが続き、
カラダ=オモシロイ
カラダ=オモシロイ
カラダ=オモシロイ

ワクワクしながら観て嫉妬して?
オノレもタノシク動かしマース


ブログ語りついつい長くなっちゃった
埴生美伽子でした!





4月25日(土)13時~18時 場所 AIホール

参加者 有希さん,陽子さん,森山さん,唯野さん (瀑さん,美伽子さんはお休み)

13時45分まで各自ストレッチ。
そのあと,AIホールの練習室を3カ所に分け,それに練習室前の廊下1カ所を加えて,計4カ所の場所を30分ずつローテーションで使い,合計2時間の自主練習をしました。
そして4時から一人ずつ,各自の課題をみんなの前でやり,コメントをやりとりしました。

1番目は有希さんの「まん」。円熟の境地に達しているようです。
201504YUKI1.jpg 201504YUKI2.jpg 201504YUKI3.jpg 201504YUKI4.jpg

2番目は陽子さんの「白雪姫の母」。随分整理され,こなれてきたようです。
201504yoko1.jpg 201504yoko2.jpg 201504yoko4.jpg 201504yoko3.jpg

3番目は唯野さんの「犬の話」。残り4分の1ぐらいで台詞の記憶が薄れ,声が涸れだしました。道遠しです。
201504bata1.jpg 201504bata2.jpg 201504bata3.jpg 201504bata4.jpg

4番目は森山さんの「毛皮のマリー」。小道具の針金のハンガーが素敵。声がまろやかで聞いていて心地良いです。
201504moriYMi1.jpg 201504moriYMi2.jpg 201504moriYMi3.jpg 201504moriYMi4.jpg

5時過ぎからはオオタセスリさんの台本の課題です。
有希さんは「遠隔操作」。本人は「台本読んでるだけ」と言っていましたが,なかなか面白かったです。陽子さんは「善人」。陽子さんらしい選択です。
201504YUKI5.jpg 201504YUKI6.jpg 201504yoko6.jpg 201504yoko5.jpg

唯野さんと森山さんは「パス」しました。
プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR