FC2ブログ

9月13日(日)@日舞教室

翁長知事の写真を見ると、条件反射で小鼻が膨らむようになった埴生美伽子です。
鼻から脳みそに空気をスォッと深くいれて、自動的にガンバリスイッチが入るよう。
朗らかに、
くっそぉーーーーーっ



さてさて報告。
昨日スセリ台本劇場に出演、素敵な時間を過ごせた瀑さんと埴生です。


スセリさん、、、
スセリさん、、、
ご一緒できて良かった!!(T∇T)ぼうだ
ぼうだのなみだ。
漢字変換しない、ぶぉうだのぬぁみどぁ。

スセリさんからいっぱいいただきました!
目から鱗ぼろんぼろん。
表現、芝居、お客様、呼吸、眼差し、間、わらわら単語が出てくるよ。
知っている単語なのに鮮度が。

単語には、スセリさんの生きざまが もれなくついていて、ヤワなワタクシには、単語の匂いをクンクンするのが精一杯ですがっ、丁寧に整理して糧にしたいと切に切に思います。

スセリさん本当にありがとうございました!


そして初めての劇場、イカロスの森。
初めてなのに知っている。
知っているよ、ここ! みたいな。
優しい劇場です。
愛情があるんです、劇場に。
小屋主の愛が、鯖のヘシコの糠のように、深く染み渡っているのを感じました。
ヘシコ大好き

一本どっこさん、ありがとうございます。
細やかなサポートで安心して楽しめて、贅沢な時間をくださって、お疲れ出てませんか?
10月も12月も続けてお世話になります。
どうぞよろしくお願いします(//∇//)


ああっ、お手紙モードになっている
・・・これはブログ、稽古場日誌。


でお手紙もう1通(笑)
ご縁結んでくれた木村佐和子さん、ああ、ありがとうございました。
佐和ちゃんがそこに居るだけで佐和子色が漂って、ホッとします。
またご一緒してくださいね。
好きです

はっ、ラブレターになっちゃった。

主催の中島淳さんはじめ、米川さん、神戸芝居カーニバル実行委員会の皆さん、お世話になりありがとうございました。


瀑組は自主公演ばかりで客演は初めてなのですが、新鮮で、芝居を始めた頃のドキドキを思い出した埴生です。
歌を歌いにゲストでいくのは平気なのに、芝居となると気負う自分が可笑しい・・・

スセリ台本劇場
とにかく楽しかったですーー!!



報告が長文になりました。
さて翌日の稽古。


スセリさんからいじられ倒した女優姿とは一変、演出 瀑 一人。

  

今日は〈うたう人〉森山さん、
〈おどる人〉有希の抜き稽古。


10月公演、同イカロスの森。


スセリさん台本3本プラス「ストーカー」の歌を。
埴生は再び「マチルダ」演ります。
今回演り終わってから、次はああしようこうしようとスセリさん効果で脳内活性中。パワーアップマチルダ!





2割の瀑ファンの皆様へ
↓↓↓





10月公演『スセリとヒトリ』
瀑組HP からチケット予約できます!
みなさまのお越し、心よりお待ちしております!!

劇団HP
http://gekishabakugumi.jimdo.com/

よろしくお願いしまーす!(//∇//)



















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR