FC2ブログ

6月下旬から7月上旬@日舞教室

まとめ書き稽古場日誌が定番になり

…いや、ならないよ⁉︎


公演1ヶ月前を切った瀑組稽古場です。

慌ただしく、荒通しの準備!!!


          

テンションも高いよ😉

なんてったって、スタッフの皆さんお越しです✨✨




舞台監督   shigelin'burg 氏
初タッグのshigelin'burg 氏、彼の仕事の早さときたら、それはもう、お尻をいつもツンつくツン!
諸々の遅れを自覚😅
背中を押していただける有り難い存在です。


照明  Ze-raさんは2度目のお付き合い。
昨年の『スセリとヒトリ』で同じ釜の飯をパックン
そのお人柄の誠実さに頭が下がります。
Ze-raさん再び!


音響  まつおじゅんこさん

瀑さんと埴生は、外部出演『オオタスセリ台本劇場』で、音響じゅんこさんとご一緒してからのご縁。

『スセリ台本劇場』
そこからイカロスの森とつながって。


一本どっこさんという小屋主の姐さんとお付き合いが始まりました。

2ヶ月後、瀑組本公演『スセリとヒトリ』では、
どっこさんに本当にお世話になって。


次の『瀑一人っきり』公演もよろしくね、よっしゃとアツく打ち合わせをしたのが今年の1月頭。



せやのに。


そのどっこさん


4月に遠いところへ




闘病中の傍らにずっとじゅんこさん。



人の情けのカタチを、瞼に何度も焼き付けて


壮絶やった



どっこさんと連れ合いの二ノ宮さんの笑顔

見てて胸がアツくなった。



その二ノ宮さんが、イカロスの森の新しい小屋主。



どっこさんのご縁で

お付き合いするスタッフの方々。



いつもの公演とは違う

違う

胸がきゅうんと



どこかキラキラした綺麗なものがお腹の奥の方にいてて。



どっこさん


みとってや!

と  呟く。





妄想セレナーデ『瀑一人っきり』


ぜひ観にいらしてください‼️







🌞

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR