9月10日@日舞教室

室内で居るよりも、
外に出た方が爽やかやーん
外に出た方が気持ちいいやーん
このセリフがよく登場する秋の始まり。
9月10日の稽古場先ずは
新しい課題を初発表したおふたりさん

有希さん『1945年』
朴訥氏『ボン・ボワヤージュ』

両作品とも、先だっての
埴生美伽子ソロライブ
『真夏の夜の夢 そして白昼夢』で
わたくし埴生が歌い演じた作品
有希さんも朴訥氏も
独自の雰囲気で、いい感じ…
きっといつか遠くない先で
皆様の前で発表するでしょう❣️
お楽しみに~♪
で直近の発表を控えておりますのは…
陽子さん!!!
後藤陽子!!!

9月15日(金)
9月16日(土)
神戸イカロスの森にて
『スセリ台本劇場』

なんと今回の陽子さん
髭!!!
ステキ!!!
実は『ラーへゆく』という作品でも髭、
これはもう瀑組ヒゲ部の部長決定~♪
オオタスセリさんの作品『骨董屋』
ぜひこの作品の陽子を観ていただきたいです。
昨年のスセリ台本劇場での『善人』とは
一味も二味も違う陽子に出会えますよー

みてるみんなに「どない?」
と瀑さん
みんなは久しぶりに陽子の芝居をみました。
「格段にかわってる」やら「もっと○○○」やら
あたたかくてズケズケの 感想やらダメ出しやら


幕が開くのは今週末!!!
進化し続ける陽子をお楽しみに!!!

そして稽古場
公演前がもう一人
わたくし埴生美伽子…

大阪梅田にある老舗シャンソニエ
「ジルベール・ベコー」にて
あの✨須山公美子さんと二人会と銘打ってのライブをさせていただきます。
その名も
美しの夜
須山さんのfacebookからのご案内をそのまま転載💕させていただきますね。(う、嬉しい…😭)
↓↓↓
昨年の日本アマチュアシャンソンコンクールグランプリ受賞された埴生美伽子さんを、大阪シャンソンの老舗ベコーにエスコートさせて頂きます。
埴生さんは、関西が全国に誇る小劇場のメッカ・伊丹アイホールを拠点に活躍される小劇場のアクティヴな女優さん、そして歌姫です。
そのむかし、ボードレールさんというフランスの詩人が、「善=美」であるキリスト世界で闇に葬られていた「悪」に光を当て、「悪もまた美しい」と宣言しました。そこからわたしたちの「美」は、爆発的なバラエティを獲得しました。そんなかげひなたに潜む「美」を、「美」を名前に持つふたりが歌い紡ぐ夜。「美しの夜」に、みなさまもどうぞお越し下さい。

素敵な文章を書かれる須山さんは、
知的で、美しくて、でもその口で「エロ❤️」とニッコリ
天使のような悪魔のような…となんかの歌詞にありましたが、少女のような、はたまた170歳くらいの魔女のような、摩訶不思議な魅力の方。
ご一緒させていただくドキドキと共に、
精一杯をお届けしたい!わたくしです。
ご予約はわたくし埴生メール
la-da-mei89@ezweb.ne.jp
または、あとりえSORA 090-6322-1612 まで。

↑↑↑
ジルベール・ベコーさんの10月スケジュールにも載せていただきました。
ご予約お待ちしておりまーす❣️
🍀🍀🍀🍀🍀
本日の稽古場、
全員稽古が終わったあと、陽子さん居残りで瀑さんとマンツーマン抜き稽古なので、
「お疲れ~♪」と
帰る準備を始めようとしたメンバーへ
瀑さんの一言、
「さっ、ひとり1曲動こうか」
「へっ⁈」
びっくり顔の朴訥氏を先頭に

動く
動く
動くよーん✨✨✨
よくがんばりました。
お疲れ様でしたッ
🍀
てなぐあいの瀑組稽古場、
よかったら遊びに来てくださいね (๑・̑◡・̑๑)
その時は…
体操服持参で♪
一緒に汗をかきませう!
🍀
🍀
🍀
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR