11月6日(木)&7日(金)@シアターセブン


『11月の熱砂』2日続けてシアターセブンでの稽古です
(木)は、第1部のライブ、第2部の一人芝居&ライブすべて通しました、初!!
なんといっても音響のAlain Nouveau さんが来来、それも現場でッ
盛り上がらないはずがありません。
浮き足立つ、の紙一重(笑)

しかーし、この『11月の熱砂』
稽古がとても楽しい!(瀑談)
…はっ瀑談、バクダン…似合いすぎるわ。

音楽のもつ力を改めて感じます。

直子さんの音に風景が見える。


音登夢さんの音に空間の色が変化する。

    

ああ~稽古写真をちっとも撮れず、
帰りの電車の中「お疲れさまでした!」のNouveau さんパチリ
なんだか役者さんの風情、味が…
迫力の存在感、かっこいい

埴生18歳の頃にNouveau 氏と出合い、
Nouveau 氏作曲をギター伴奏で歌ったのがついこの間のよう…、
って大昔か?!

ヌーボさーんありがとうございました!

    

そして次の日、(金)。
昨日の通しのダメだしから始まり、
細かな曲づくり。

休憩タイムのあと、
埴生「歌ものがたり」を通しました。
今日のお客さまは木村直子さんと同名、木村尚子さん。
ウケる直子さん。

埴生、直子さんにキョーレツなダメだしをいただき(T^T)
燃えくっ………


帰り道遅いランチ。

シアターセブンさんから隣の隣、
ココットさんは美味しいのでオススメ!
お昼公演の観劇前後にぜひ
詳細情報は後日また。


夢に出てきそうな直子さん言葉をしっかりと噛みしめ、更に前進する所存でござる。  
          埴生美伽子

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR