2月22日(日)@日舞教室

久し振りの宝塚文化創造館。
今日は稽古場新規参入素敵なおふたり、
Rさん&Sさん!
昨年のNyan セレクトがご縁で来来。
welcome

先ずはストレッチ。
そして瀑組に代々伝わるメニュー。

このメニュー、というのが(笑)

「アレ、する?」と瀑組メンバーに聞くと、
「え…ッ…」と間があくか、
「ええぇぇぇ!!」と唸るか。

〈体に耳をすます〉がテーマのこのメニューは、時に5分コース、時に10分、時に地獄の15分コース。
今回は5分コース、5つの動きで計25分。
足がねぇ、それはもう…次の日のふくらはぎがお楽しみの筋肉痛。
このブログを読んで興味が湧いた方はぜひ一度瀑組稽古場にお越しくださいませ。

次はメンバーそれぞれの台詞課題。
森山さん毛皮のマリー&陽子白雪姫。
でSさんに突然「なんか台詞を即興で喋って」と瀑さん。
最初は『エリザベート』のトートの台詞?とかなんとか言ってたSさん、陽子の後だったもんで頭の中が白雪姫モードになり、同じお后さまになりきりタイム。
タ・ノ・シ・ソ・ウ…

それから瀑組名物?
30~40秒テープ。
新鮮です!!
発見です!!
色々とそれぞれの、刺激
表現スイッチの再認識。

ラストは宿題、課題発表。

課題も瀑組メンバー同様、ゲストのおふたりに
前もってお知らせしておりました。

はた・・・ああ~またしても写真がナイ…
稽古中にブログ稽古場日誌の存在を忘れてしまう埴生、担当失格

課題は、音楽にのせて体を使って表現。
テーマはいくつか用意した中、各々が選ぶ。
すきな曲で、衣装小道具自由に自分で演出します。
いやはや~、楽しゅうございました。
レポートは、無し! はい。
感じたことがいっぱい過ぎて。
???・・・お、横着ではナイ…はず

お互いの感想、感じた事を稽古後の居酒屋さんでお喋り
モノ創りで楽しくお喋りできるって快感
美味いビールで嬉しい時間ですね。

埴生、捻挫の足を引きずり中座
課題中にグキッ、アレ本当にグキッって音がするんやねぇ…トホホ
人生初のグキッ情けない…

みんなは楽しく呑み続けておりましたとさ。
トンてんからりんすっとんとん。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR