公演終了しました。

妄想セレナーデ『瀑一人っきり』
公演終了しました。
ご来場いただきましたお客さま、応援してくださった皆様、スタッフのみなさま、ほんとうにありがとうございました。
🍀
イカロスの森という空間で過ごした大切な時間。
舞監 Shigelin'burg 氏のもと、トンテンカンテン、ナルさん、ぺっぺさん、音響のまつおじゅんこさん、照明のze-raさん、お手伝い下さった島脇さん、奈津子さん、ありがとうございました。小家主 二ノ宮さん、感謝感謝です!
映像の森山さん、ギリギリまでありがとうー
支えてくれた〈チーム瀑〉のメンバー、多謝!
チーフ陽子の元、怒涛の早替わりはお見事でした。
  
トップシーンは映像の障子から登場。
    
番場の忠太郎 
  別れの理由
大好きなオオタスセリさんの台本!
    
無音からアメイジンググレースの調べ
そしてオールビー犬の話
 
オカメちゃんとひょっとこさん
  
近松門左衛門、心中天網島より
      
7着衣装替え、目まぐるしく変化の瀑一人。
一本物の一人芝居よりたいへんな『瀑一人っきり』
疾走する瀑さん、すごい走りっぷりでした‼️

ああ楽しかった…
ハードやった…
🌟
しあわせな瀑さん、楽屋でポーズ🌹

みなさま、ほんとうに
ありがとうございました!!!

サロンコンサート終了しました♫

4月2日  春らしい陽気で!

桜も笑顔で、時おりチラリホラリと花びらが頬を優しく撫でてくれて。

アトリエSORAは、宝塚駅からほんのり小山。

徒歩で来られたお客様に筋肉痛のプレゼント付き⁈、
はるばるお越しいただきほんとうにありがとうございました。


80分ひとりで歌いしゃべくり、歌い芝居し、

こんな贅沢な時間を過ごすしあわせ…感謝です!!!


そして、

しょっ、精進あるのみ。

やればやっただけ課題が生まれ、
馴染みの課題だと歯痒く、
その繰り返しに凹み、
新たな課題にはその出逢いに胸が高鳴り、
感情の起伏がぐわんぐわんとうねり、血管がどないかならんかと躊躇心配してしまう、、  終演後。

愛しい時間よ!


埴生、しょっ、精進あるのみ。

毎度、しょっ、精進あるのみ。

ありがたやありがたや。




コンサート写真、撮り損ねました😱

唯一の写真、音響 Alain  Nouveau氏❤️を挟んで埴生とピアノ江崎昭子さん




ヌーボさんとは十代の頃、遊気舎旗揚げ公演『ゲゲゲのゲ』で初めてお世話になり。
ヌーボさん作曲の劇中歌を歌わせていただいたのが始まり! あれは少年役だったなぁ。いまだちゃんと歌えるよ♡

瀑組旗揚げからのほとんどの公演の音響をしてくださっている、素晴らしいスタッフさんです!
お忙しい中ありがとうございました🍀




今回ね

終演後にアフタープチパーティーという企画がありました。

劇団自慢のシェフ  ハギー氏による料理を楽しむ会。
  レシピ紹介✨ごっくん  ハギー氏を見てるだけで生唾…

リストランテ  ハギー✨✨✨

ハギー氏、お世話になりました。ありがとうございました!




宴もたけなわ、

森山氏がトンビ服にて熱唱~

    

即興ピアノ伴奏は、なんとなんとチェリスト木村政雄氏!!!

2014年『11月の熱砂』公演で共演した音登夢デュオのあの政雄さんですよ!どーすんの森山さんッ


政雄さん、よもやこんな不可思議な歌に伴奏するとは、アルゼンチンの直子さんに知れたら怒られる(・_・;  …笑われるッ⁈

お客様のマダム、森山氏の歌に「ひたむきで、かわいらしい♡」とのご感想。あらまぁ…


  政雄さんありがとうございます!




そして華、元宝塚歌劇団の歌姫、星野瞳さんの歌!

  

ピアニストのお弟子さんデュオの伴奏にて、艶やかな声を披露してくれて、ワインがより美味しくなりました!



長くてあっという間の一日


支えてくれた劇団メンバーのみんな、みゆちゃん、ドーターズ、そして演出瀑さん、ありがとうーーー


ピアノ伴奏  そして編曲、作曲、いつも素晴らしい感性で応えてくれる江崎さん、ありがと!!!


なによりお越しいただいたお客様、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。



『風をきく』     大好きなタイトルです。



日常さまざまな角度から、風は吹いてきて。

その風を感じ、しっかとまなこを開き、
伸びやかに手足を伸ばし、高らかに歌いたい。

ある風には、怒り、抵抗し

ある風を、寄り添い、愛し

ある風となって、自らが漂い、

しなやかに  伸びやかに  


風     風     風・・・・





ありがとうございました


                                 埴生美伽子







公演終了しました( ´ ▽ ` )ノ

10月23日~25日『スセリとヒトリ』公演終了いたしました。

ご来場いただきましたお客様、応援してくださいました皆様、そして支えてくださったスタッフの皆さま、ほんとうにありがとうございました。

舞台はひとりでは出来ません!

分かってはいるのだけれど、実感につぐ実感。

感謝の心がたっぷんたっぷんに溢れる有り難い日々。

だからやらずにはいられない。

今回イカロスの森、という空間に出会えたことが瀑組にとって有難く、小屋主どっこさんには仕込みからあたたかくきびしくサポートいただき、ずうっと前から知っている空間のように心地良く過ごさせていただきました。

そして、『スセリとヒトリ』タイトルにありますオオタスセリさん。

第1部の小品4本の作者オオタスセリさんに観て頂けました(T ^ T)感涙…


生スセリとヒトリをパチリ📷

森山さんの映像からの幕開け

『let it be』をバックに…

              

このニョロ?みたいな物体はみんなのお気に入り

オオバちゃんが撮ってくれた本番写真たち。
埴生美伽子『ストーカーと呼ばないで』

  
ラスト友川かずきさんの「死にぞこないの歌」で踊る…キモチイイのだ。

唯野朴訥『侵入』

  
「また来ます」の台詞、うん、また会いたい!

後藤陽子『善人』

  
一途な女を演らせるとピカイチなのよーー

森山雅夫『うたうひと』

  
森山さんにしか歌えない「もののけ姫」に拍手!

有希『おどるひと』

  
リベルタンゴと執着妄想女…

そして世界は   壊  壊  壊…

      

埴生美伽子『マチルダ』

  
埴生の一目惚れした台本、マチルダ大好き!

そして第2部  瀑  一人  作『ラーへゆく』

             

まだまだ写真は沢山あるので、劇団HPのギャラリーにアップいたしますね。

てかギャラリーが、『天空の星…』から止まってる💦 

 IT担当紗季が留学してからそのままでした。
その紗季が帰国後音響スタッフとして参加~

  
往年瀑組ファン?の皆さまビックリ、
なんと音響大御所Alain  Nouveau 氏がチェックしてくださいましたーーー✨カンカンカン🎉ヌーボさんありがとうございましたーーー
初日の場当たり時に、照明大御所  池田哲朗氏もひょっこりのぞいてくださり、明かり当たり方アドバイスも貰っちゃったもんね!  池田さんありがとうございました!

沢山の方から背中を押され、鼻息アップ!

ふんがーふんがーふんがー💨

しあわせ者の瀑さん、スセリさんと談笑中💖


祭りのあとのさみしさよ…

イカロスの森の近くの水道筋商店街は元気で楽しかったな~ わらわらどこからこんな人が?というくらい賑やか、それも色んなタイプの老若男女!

毎日八百屋さんの焼き芋を買ってました(笑)


公演中は新聞も読み損ね、日常に戻り久々に見るこの私達の取り巻く世界…この国のあり様。

公演終了後の綺麗な気持ちとうらはらに、かなしいこと、悔しいことがいっぱい。辺野古のおばあの見出しの写真に嗚咽してしまいました。

生きるってなんだろう

芝居の中でいつも直面する問い

それが、日常、今恐ろしく変化していく日常にも問う瞬間が頻繁になり

『子どもたちに明るい未来を』なんて ありふれた言葉を真剣に思う。

当たり前に自由に手足を伸ばし、まともなものを食べ、笑顔で、大きな声で、歌う。

心から願ってやみません。



う、文体がかわってしもた…

レポートは、公演が終わって新装開店準備中に入ったの埴生美伽子でした❤️

またお会いしましょう!

ありがとうございましたーーー

公演直前でございます*\(^o^)/*

いよいよ今週末より公演、

『スセリとヒトリ』

ワックワクの細胞たち・・・どうドウどうどう



今回はオオタスセリさんの台本3本と歌一曲を使わせていただきました。

瀑さんのスセリさんラブは、劇団ホームページの公演案内文からも、よっくお分かりになるかと思います。

スセリさんの台本から、たくさんのメッセージをいただいています。

読めば読むほどにじみ出て‼️

ニンゲンってイトオシイ

ニンゲンってミニクイ

丁寧に丁寧にニンゲン、を描きたいと思います。

公演前週の土日に仕込み、ゲネを終え、手応えを、やっと、ゲットしてぜひ観ていただきたい作品になりました。

イカロス入り、客席~🌟
紗季のスタッフ姿💕


ラーへゆくのコンビ🌻

森山さんの映像。好きだ‼️

      

イカロスの森へ向かう(^-^)

神戸の水道筋商店街のアーケードのきれた所を右折、信号渡ってすぐのところ

元気な商店街を歩いていくので、気分が良いのです。

小屋の主、一本どっこさんは頼もしくて優しくてきびしくて、笑顔がステキ!

仕込みではたいへんお世話になりました。

ありがたやありがたや・・・
公演前でテンション高くて、

美味しいものは美味しい

綺麗なものは綺麗。

腹立つことはより腹立つ、なんで支持率が上がるんや、とか、

嬉しいことはむちゃ嬉しい。

お客様からチケット申し込みがある度に🌟心ときめいて、こうべを垂れて、ジーン・・・を噛み締める。

そして自分の舞台をシュミレーション。

早く初日幕が上がらないかなっ
みなさま

心よりお待ちしております!
埴生美伽子

『妄想セレナーデ』

6月6日、稽古場イベント
『妄想セレナーデ』開催
ご来場くださったお客さま、ありがとうございました!

ブログをのぞいてくださる皆様、
そしてはるばるスウェーデンよりエールメールをくれた紗季
大庭かおりさん撮影[本番写真]が届きましたので、ご覧くださーい!

大庭ちゃんッ、いつも助っ人くださり瀑組一同感謝感謝です。ありがとうねー


受付、夕峰さん

相変わらずびゅーちほー、Thank You


出演者に名前を連ねていませんが、乱入埴生美伽子、開演ご挨拶がてら?イタイ妄想女の独り言。

妄想歌…「ストーカーと呼ばないで」



『妄想セレナーデ』はじまり、はじまり。



    


『妄想セレナーデ』とは、
なにびとか、或いは、なにものかに魅せられ、恋い焦がれ、
〈たいせつなもの 命を懸けて それを手に入れようとする 炎のような衝動である〉
ただし、それが一瞬のものか、永遠のものかは、わからない。

      瀑 一人


    


Act 1 後藤陽子
「白雪姫」
引きこもりの女、33歳。
自分は世界で一番めぐまれていない存在だと思い込み、〈うつくしいもの しあわせというものに こだわりつづけている〉
そして今日も、深い穴の底から。
   


Act 2 有希
「阿部定調書をよむおんな」
   《阿部定調書》より
東京電力勤務、38歳。極めて魅力的な才媛。
調書をよむうちにある情慾の世界へと、しだいしだいにのめり込んでゆく。
『一瞬を、永遠のなかに閉じ込めてしまおうとした女』
    


Act 3 森山雅夫
「毛皮のマリー」
  寺山修司《毛皮のマリー》より
うだつの上がらぬ女子大学の国文学教授。
女子学生からも家族からも疎まれ蔑まれ、気の利いた趣味もない、面白味もない堅物そのもの。自分自身でさえもそんな自分に絶望している。
だが彼には、誰も知らない秘密の部屋が。

   


Act 4 唯野朴訥
「犬のひとり語り」
エドワード・オールビー《動物園物語》より
殺処分寸前の野良犬。八方塞がり出口なし。
己の運命を呪い憎悪し、奈落の世界へと転がり堕ちてゆく。
ーーーーーーーー、
やがて、彼はゆっくりと語り始める。ひとりの人間と一匹のイヌの、ものがたりを。
そして、混沌の世界へとーーーーー。

   


フィナーレは、
沢田研二「ダーリング」でだんしんぐ
アコーディオンCobaさんの熱いリズムにのせて、翔べない鳥達、もがくもがくもがく…

懐かしの智津姉ご観劇、ダーリングに乱入して踊りたくなって椅子からお尻が離れないよう踏ん張ったそうな!嬉しい!



しかし…今回アクシデントオンパレードの舞台でした。
普段の公演ではありえへん(>_<)

舞台セットの新聞が、バリバリバリとまるで効果のように剥がれて…
袖幕がなくなっちゃったよう…

ワタクシ埴生が音効、ポカ満載
「私はヌーボさん私はヌーボさん」の呪文は効かず。…アタリマエ(笑)

瀑さん照明も仕込み時間がなく見切り発車のてんやわんや。
  


そんな中、出演者4名は稽古以上のパワーを出せた、と思います。

本番の舞台、のもつチカラ。

こうしてお客さまの前に立たせていただける有り難さを、しみじみ感じています。
お忙しい中、いつも足をお運びくださり、瀑組をあたたかく見守ってくださっていること…心から嬉しく思います。



「走れる時に走る。
今、一番走りたい!」の瀑さん率いる劇社瀑組を、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!



ありがとうございました


















プロフィール

劇社瀑組

Author:劇社瀑組
劇社瀑組は、1985年に 瀑一人 により結成されました。旗揚げ公演『恋をしにゆく』(構成演出・瀑一人)以来、「シェルター」、梅田「カラビンカ」、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)などにおいて、度々公演を行ってきました。1995年の「発展的休団宣言」後、長らく活動を停止していましたが、16年を経て2012年、復活しました。

【公演・イベント記録】
2012.11.『櫻の森の満開の下』@伊丹アイホール
2013.10.『夢のきれぎれ』@宝塚文化創造館
2014.2 かぶきしばい『サロメ祭り』@宝塚文化創造館
2014.11 「11月の熱砂」@シアターセブン

劇団HPは画面右リンクより。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR